2010 / 05
≪ 2010 / 04   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2010 / 06 ≫

先週、今週と二週連続で、私の生徒ちゃん2名がhirorin先生に、アドバイスレッスンをしていただきました。

もちろんピティナコンペ課題曲です。(hirorin先生、いつもありがとうございます)





先週は小1のAちゃん。

「おつきさまのはなし」が、なかなかうまく表現できません

音の数が少ないだけに、1音、1音大切に・・・

語りかけたり、情景変化を表したり・・・音楽の流れの中で出来るようにと思っているのですが、難しいです




そして、今日は小3のMちゃん。

ベートーヴェン「ソナチネ」の課題が山積み状態です。

実は、予選まで あと20日という状況・・・



レッスンをしていただいて、2人のそれぞれの課題がしっかりと浮き彫りになりました。

さぁ、どうやってこれからのレッスンに生かそうか!

なにしろ時間がないので、(あせっててもしょうがないし・・・)課題をしっかり整理して、じっくり考えてみました。


今さっき、「これでうまくいくかな~」と思える方法がひらめいた!ので、明日さっそくやってみます。

楽譜を   し、ちょっとした工作も、完成~


どうか、良い方向に向いてくれますように・・・





スポンサーサイト

5月25日は千里バス研、定例会でした。

ヤマハの中田さんが、ピアノの構造を詳しく説明してくださいました。






電子ピアノとピアノの大きな違いから、アップライトピアノとグランドピアノのペダルの構造の違いなど・・・

ある程度はわかっていたものの、説得力のある分かりやすい説明に 納得!できました。

さまざまな音色を作ることが出来るピアノに対して、電子ピアノは「大きい音」か「小さい音」というように「音の大きさ」だけでしか、変化をつけることができません。

素敵な音楽を作り、表現するには、「ピアノ」でなければ無理というわけですね。



この日は、M先生のレッスンビデオを見せていただきました。

楽しそうなグループレッスンの様子に、たくさんの手作り教具、グッズの紹介など・・・

盛りだくさんの内容でした。


グループレッスンは、やっぱりいいですね~♪

今までは12月にグループレッスンをしていたのですが、今年度は、もう少し回数を増やしてみようかと思いました。




最後に、二本柳先生から、「バスティンピアノパーティーB」の指導ポイントをレクチャーしていただきました。



その後、各グループごとにディスカッションし、発表~


充実した時間でした


今日、感じたこと・・・

バスティンパーティーシリーズを勉強すれば、するほど、改めて導入指導の大切さを考えさせられます。

導入期に、いかに効率良く大切な事を伝えていけるか・・・




う~ん!

考えてみても、全部 大切なんだけど・・・

それぞれの生徒さんの成長に合わせて、どこを重点的にやっていくか・・・という事を、毎回レッスン前に考えて計画を立てています。


さぁ、明日も頑張るぞ~

5月15日、今井顕先生の公開レッスンに行ってきました。

場所は千里ヤマハホールです。


ピティナ課題曲での公開レッスンだったのですが、みなさん本当にお上手で驚き~

今すぐ予選を受けに行けるんじゃないかな?と思うくらい・・・

あんなに上手だったら、レッスンをする今井先生も大変だろうな~って思いました。

朝からお昼過ぎまで 上手な演奏をしっかり聴かせてもらった私は、急いで家路へ・・・

家で一人でお留守番をしている娘の練習を見なくてはと、思い真っすぐ帰宅





「ただいま~」とドアを開けると・・・

な・・・何!?

なんで部屋、暗いの~?

リビングのカーテンは閉められ、部屋中に物が散らかり放題

テーブルには、昼ごはんを食べたあとの食器を中心に、お菓子を食べた後の袋などが散乱

いくつもの紙袋の中に、本が何冊も詰め込まれ、ぬいぐるみ、ブランケット、脱いだままの服、ランドセルまで

そして、なぜかエレクトーンのフタが開けられてて楽譜も置かれてる!!(ちなみにバッハインベンション)

挙句の果て、私のノートパソコンまで使われている~


足の踏み場がない~

「まるで、のだめの部屋やん~


怒りたい気持ちをグッと抑え、(なんせ朝から留守番させてたから・・・)

「すごいいっぱい物があふれてるけど、何してたんかな~?」と可愛い声(ここ重要!)で聞きました。

もちろん、多少の圧力をかけてみたつもり・・・です。



「すごいやろ~お店やさんごっこ、やっててん!」

(それで、こんなに荷物だらけなんかぁ・・・) 私の心の声

「でも、ちゃんとピアノの練習やったで。」

(エレクトーンでバッハ?)

「ママのパソコンはレジやねん。」

(電源入れられてなくてよかったわ

など、さんざん話を聞いてから・・・



「じゃあ、練習しよっか!」というと、

「ちょっと待って~!休憩してからにしよ~」

(さんざん休んでたやろ~!まだ休むん?)

「だって、ママ見てみ~!こんなにきれいな夕焼け、久しぶりやもん。

ちゃんと見とかな損やで~」

と、促されベランダへ・・・





「今日の風はいい感じやね。キャンプ行った時の風みたい。」

たしかに・・・


空を見てると、なんだか気持ちがゆったりしてきて・・・




練習は結局、夕食後になりました

が・・・

最近、やりにくくなってきた娘(前にも増して)ですが、この日は落ち着いて練習できました

ホッ






14日(金曜日)、大阪中央バス研の定例会がありました。

先月に引き続き、2月のコンチェルトで指揮をして下さる西口先生がお越しくださいました。

今回も、オケにまつわる話や、ご自身とコントラバス(本来、こちらを専門とされています。)との出会いなど、

限られた時間内で、お話してくださいました。





森山先生や、私達からの質問にも、快く応えてくださり、オケの方々の普段の生活や、本番に向けての練習回数や、合わせ方など、初めて聞くお話に興味津々



西口先生と音楽との出会いは、小学校の時に誰もが経験するリコーダーがキッカケだったそうです。

そこから、次にリコーダーよりもさらに深く魅力ある音を奏でるフルートに気持ちが移り、この時初めて自分から「フルート」を習いたい!とお母様に頼まれたようです。

そして・・・

フルートの教室を探しに行かれたそうですが、なかなか見つからず、その時に出会った人に「ギターもいいですよ。」と勧められギターを習うことに・・・


ギターは、とても楽しかったそうで(もちろん、お上手だったことはいうまでもありません。)

将来は、プロになると決めていたそうです。


この時、なんとっ!小学5年生~

すごいですね~


そして、大学でギターから、コントラバスに変わったらしいですが、この理由は・・・

オケに魅力を感じたからだそうです。

コントラバスはギターと同じ弦の並びなので、移行しやすかったそうですよ



リコーダーとの出会いがすべての始まりだったのですね。

出会いって、大切ですね。

たぶん私達の日常生活の中にも「出会い」(人でも物でも・・・)は、いっぱいあるはず。

その出会いに対する「気付き」があるかどうかが、大切なのかも?

日々の生活に流されず、いつも何かを感じられる心を持ち続けられるようにしたいと思います




先日の日曜日、いつもお世話になっているhirorin先生の主催で、

ピティナコンペに出場する生徒さん達の「弾き合い会」が行われました。

場所は、日頃からよく利用させてもらっている、鶴見区民ホールです。

私を含め、いつもhirorin先生と交流を持たせてもらっている先生方の生徒さんも参加されました。


私の教室からは、Aちゃん、Mちゃんが参加しました。




20名全員の演奏が終わり、hirorin先生がホールでの音の響き方や、音色のことなど、お話をしてくださいました。

その後、もう一度 順番に演奏をし、hirorin先生から1人1人にワンポイントアドバイスをいただきました。


そして、この日は演奏を聴いていた生徒さん同士でも、コメントを書き合いました。

コメントを書こうと思ったら、必然的に他人の演奏を真剣に聴くという姿勢になります。

これは、とっても良い勉強になりますね♪


こんな感じです! 



さぁ、これから予選に向けてがんばろう!という気持ちになりますよね。

私自身も指導の課題がみつかり、(やっぱりホールで聴くと違います!)とても充実した時間となりました。

hirorin先生、ありがとうございました



先日の母の日のこと・・・

娘は、可愛いお手紙とクッキーとアイスクリームをプレゼントしてくれました


そして最近、生意気さに磨きがかかってきた息子からは何もなく・・・

小さい時は、何かしらプレゼントしてくれたのに

と、思っていたら・・・


2日後、「はい!プレゼント」







ちょうど、レッスンが終わったあとに見せてくれました

この日は、かなり雨が降っていたのだけど、部活終了後、わざわざ買いに行ってくれました。

ありがとう~

すごくうれしかったし、美味しかったです


来年もよろしくね~



5月2日、千里ヤマハホールにて「二本柳奈津子先生の公開レッスン」が開催されました。

ゴールデンウィーク真っただ中だというのに、会場は満員

140名以上の方々が聴講されました。

今回は、コンペ課題曲が対象だったので、コンペにチャレンジする生徒さん親子の聴講も多かったようです。

私の教室でも、2組の親子が参加されました。

良い刺激を受けることが出来たんじゃないかな?


娘は、公開レッスンで演奏させてもらえたので、二本柳先生に実際に指導していただき、とても貴重な体験をさせてもらうことが出来ました。

(課題は山積み状態ですが・・・)



今回、1人当たりのレッスン時間は10分ほどしか無かったにもかかわらず、やはり妥協せず音色にこだわるレッスンをされる二本柳先生。

限られた時間内で、的確な指導をされる姿に、ただただ尊敬でした。

有意義な時間をありがとうございました。






メロディハート

Author:メロディハート
大阪府守口市のピアノ教室です。
門真市 大東市 大阪市鶴見区からも通っていただいています。
ピアノが大好きで、子供も大好き。
音楽の楽しさと喜びを伝えていけるよう、楽しくわかりやすいレッスンを心がけています。
ピアノを通じて広がる、人と人とのつながりに感謝の日々です。
詳細は下記「カテゴリ」あんどうピアノ教室のご案内をご覧ください♪

講師 安東 佑由子

♪全日本ピアノ指導者協会(PTNA)会員
♪大阪千里バスティン研究会会員
♪PEN (Piano Educators Network) 会員
♪PTC(ヤマハミュージック大阪)会員


体験レッスン受付中です
お問い合わせは下記のメールフォームか、メールアドレスandopiano31@gmail.comへお願いします♪