2018 / 02
≪ 2018 / 01   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - -  2018 / 03 ≫

今年も あと数時間で終わりますが、年内最後のコンクールは、ベーテンピアノコンクール にチャレンジした2人の生徒さんで 終了しました。


夏に 予選を通過し、秋の本選も通過しての 12月 地区大会でした。

課題曲コースだったので、本選曲と地区大会の曲は 同じだったのですが、同じ曲を 磨きながら より素敵に仕上げていくのは、なかなか大変です。


そして、今回の地区大会の会場 神戸芸術センターは 生徒ちゃん達 初めての場所で 舞台と客席が とても近いので、かなり緊張した様子。


ピアノも扱いにくい感じでした。


でも、どんな環境、ピアノであっても 自分の演奏ができるように ならないと…!!
そのためには、どんな導き方をするべきなのか、私も真剣に考えました。

ちょうど、年末に いろいろと勉強させてもらう機会が何度かあり、レッスンの方向性を 大きく見直しています。


よりよい指導を 目指して、ただ今、準備中!

お正月は このことで 頭がいっぱいになりそうです(笑)

がんばります!!







2人とも、頑張ったね♡


スポンサーサイト

前回の投稿から 間が空いてしまいましたが、

今回、もう1人、ベーテンピアノコンクールにチャレンジした Hちゃんの お話も 書かせていただきます。



小5のHちゃんは、昨年 地区大会(予選、本選を通過してからの最終大会)で 金賞をもらった 中学生の お姉ちゃんの影響もあり、今回 チャレンジしました。




課題曲は、どちらかというと Hちゃんの苦手なタイプの曲。

手や指の 内側の筋肉をコントロールして 一音一音、粒立てて 音を作っていく感じ♪

音量は かなり控えめにしての 冒頭部分。


でも、右手メロディーの一音目は 響かせて…


なんだか、こうして文章にしてみると、あらためて 結構 大変だなぁと思ってしまいます。



どちらかというと、細やかに、丁寧に…というのが、少し苦手なHちゃん。

レッスンで うまく行かない時も もちろんあり、心の中の葛藤が 感じられることも、しばしば…



本番は 少し守りに入ってしまった感じもありましたが、
銀賞を いただくことが 出来ました!!


よかったね~


次回、本選に向けて また一緒に がんばっていこうね(o^^o)





7月後半に、ベーテンピアノコンクールがありました。


こちらには 2人の生徒ちゃんが 参加♪
まずは 小3 Nちゃんのお話。


昨年、初チャレンジした Nちゃんは 今年もエントリーしてくれました。

ちょっぴり シャイなNちゃんは 柔らかいレガートで うたう音を作るのが苦手。

レッスンで 繰り返し やってみて、出来たと思っても 次の週には あれれ…
もどってる~

と、なったり…





お話していくと、お母様が使われていた時代のピアノを
弾いていること、そのピアノが 音量、音質が 調整できないことが 判明


そうか~
だから、お家での練習が うまくできなかったのね…(納得!)

そして、その後 コンディションの良いピアノを準備されたらどうかなと お話を 少しさせてもらったのですが…


な、なんと…


Nちゃんちに グランドピアノが やってくることになりました


良かったね~♡




コンクール予選は 銅賞をいただけ、秋の本選に進めることになりました。


本選曲も またまたレガートが大事な曲!

Nちゃん、引き続き 苦手な課題が満載ですっ(笑)

頑張ろうね(#^.^#)





ピティナのコンクールが終わり、お盆休みも終わり、自分の気持ちの上でも 少し一段落!!


コンクールは その時の会場、審査員の先生方との相性、演奏順…さまざまな要素も 絡んで結果が 出ると思います。

一生懸命、練習して 自分なりに精一杯やったとしても 結果が出ないこともあります。


だから、その時の自分にとって 悔いのない演奏が本番で出来たら、それだけでじゅうぶん価値のあることだと思います。


だって、本番を迎えるまでに ものすごく努力して 頑張ってきたのだから…
積み重ねてきたものは、確実に自分の力となっています。





今回、コンペ初挑戦だった生徒ちゃん達は 確実に 耳が育って、表現しようとする気持ちも 増してくれたように思います♪
(こういうのは とってもとっても 嬉しい♡です)



継続して受けている生徒ちゃん達は、自分の苦手分野の曲にチャレンジして 柔らかい音が出せるようになったり…


うまくタッチが入らず、曲がまとまらず、気持ちも動揺してきていたけど、自分の気持ちをコントロールしながら 最後は ちゃんと仕上げてくれた子…


2つ目の 本選直前 2日前くらいに 曲の作り方を かなり変更したにもかかわらず、イヤな顔もせずに 懸命に頑張ってくれた子…


本選に進めなかった子も いるけれど、本当に よく頑張ってくれたと思います。
本番の演奏を聴かせてもらったけど、私からは 花マルをあげたいくらいでした💮


ひたむきに頑張ってくれた生徒ちゃん、そして本当に最後まで しっかりサポートしてくださった親御さんに
感謝♡です!!
(毎年、書いている気がしますが、本当に心から 感謝です)


この高ぶった気持ちを 維持したまま、私は秋の発表会の準備を進めて行きたいと思います🎹







先日のレッスンでの出来事…

ニコニコ笑顔で 嬉しそうに見せてくれました(*^o^*)



今年、初めてピティナ コンペに参加した 小1 のRちゃん。


無事に予選通過して 優秀賞をいただくことが出来ました!

よかったね~


歌うことが 大好きなRちゃんは、ちゃんと音楽をもっていて 演奏にも それがあらわれています。

歌うって、大切ですね♡

次の本選も 素敵な演奏をめざして、一緒に がんばろうね*\(^o^)/*

メロディーハート

Author:メロディーハート
大阪府守口市のピアノ教室です。
門真市 大東市 大阪市鶴見区からも通っていただいています。
ピアノが大好きで、子供も大好き。
音楽の楽しさと喜びを伝えていけるよう、楽しくわかりやすいレッスンを心がけています。
ピアノを通じて広がる、人と人とのつながりに感謝の日々です。
詳細は下記「カテゴリ」あんどうピアノ教室のご案内をご覧ください♪

講師 安東 佑由子

♪全日本ピアノ指導者協会(PTNA)会員
♪大阪千里バスティン研究会会員
♪PTC(ヤマハミュージック大阪)会員

体験レッスン受付中です
お問い合わせは、メールアドレスandopiano31@gmail.comへお願いします♪
なるべく早く返信させていただきます。