2018 / 02
≪ 2018 / 01   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - -  2018 / 03 ≫

過日、赤松林太郎先生の バッハ セミナーに行ってきました。

昨年から 継続して開催されているシリーズです。





バッハはピアノをやっていく上で、避けては通れないものだと思います。

バッハが、長男フリーデマンのために 書き下ろした インヴェンション15曲とシンフォニア15曲。


かなり以前から、勉強し続けていますが、とにかく奥が深い!!


アナリーゼを中心に、どんな音色にしたらよいのか、アーティキュレーションは?

など 、赤松先生は 丁寧に説明してくださいます。




留学もされていたし、現在も海外と日本を行ったり来たり…で演奏活動、そして国際コンクールの審査員もされています。


とにかく聡明な方なので、言葉選びが適切!

そして、わかりやすい!!


時々 ユーモアを交えて話してくださいますが、とにかく無駄な話が 一切ないので、セミナー2時間 ぶっ通しで 集中して聞きます。


睡眠不足でセミナーを受けても 眠気が まったく来ません(笑)


セミナー終了する頃には、脳が フツフツと沸騰しているかのような感覚。

とにかく、脳を使いますっ(笑)



まだまだ このシリーズは続きます。

また来月も 楽しみです♪

スポンサーサイト

先日、藤原亜津子先生による「バスティン パーフェクトセミナー」の受講が終了しました。

今年の2月スタートで、10月までの8ヶ月間のシリーズでした。








私は、導入期からバスティンのピアノパーティーを使用してレッスンを行っています。

バスティンに出会って、15年くらい経ちます。
ずっと勉強を続けていますが、知れば知るほど 奥深さを感じる教材です。

セミナーをされる講師の先生によっても、いろいろな角度からの指導法が学べるので、それも楽しみです。



今回のパーフェクトセミナーは、パーティーAからベーシックスレベル4まで、細やかに 教えてくださいました。

藤原先生は、指導法の素晴らしさは もちろんのこと、

生徒さんに対する 愛情が ものすごいのです。


♪それぞれの生徒さんの個性を認めて すべてを受け入れる。

♪その子の可能性を 決してあきらめない。

♪1人1人にスポットライトを当てる。


など、常に 生徒さんに対して 愛情たっぷりの広い心で 接しておられる その姿に 強く感銘を受けました。


私も、そんな指導者になれるよう、これからも いつも生徒さんの気持ちを大切にして 指導をしていきたいと思います。


藤原亜津子先生、ありがとうございました♡


最後に 一緒に写真を撮っていただきました♪





大変ごぶさたしてしまいました。

久々の更新となります。

この春は、例年よりも 「学び」に力をいれています。

いろいろな セミナーなど 行きたい!と思うものを 全部 行っています。

少しずつ 書いていきますね♪


まず、振り返って…

4月の後半、二週続けて レッスン見学に行きました。

お一人目は、今野万実先生!

堺まで行きました。

残念ながら、写真は撮り忘れたのですが、

この本(⤵︎)も出版され、導入から 手をしっかり作り、良い音で弾けるよう 限られた時間内で 密度の濃いレッスンをされている先生です。



コンペシーズンに入っていることもあり、さまざまな級の生徒さんのレッスンを 見せていただきました。

私とは違い、とてもテンポよく早口で話される今野先生。
所々、関西弁での ツッコミが 入ったり…(笑)

生徒さんに 「あほやなぁ~」と言っても そこには 今野先生の愛♡があることが わかっているので、生徒さんも 笑顔♪

先生と生徒さんの 信頼関係が 濃いなぁ~と思える 愛情いっぱいのレッスンでした。


もちろん、指導法は素晴らしく、とても勉強になりました。

限られた時間内で いかに基礎から積み上げていくか!

それにはレッスンでの指導が 大切なのは もちろんのこと、生徒さん自身が 家での練習をどれだけしっかりできるか…にかかってきます。

そして、家で実のある練習をするために 指導者は どうやって誘導していくか…を、考えさせられました。

あたりまえですが、意識を持っての練習…

とても大切です!!!

生徒のみんな、がんばろうね(^o^)








先日、バスティンセミナーに行ってきました。

現在、シリーズで開催されているセミナーの第2回目です。









私はレッスンでは 基本的に導入はバスティン メソードを使用しています。

バスティンを使って 13年くらいになります。


『楽譜が読めて、弾けるように…』


あたりまえの ようですが、この場合の 楽譜が読める…は

音符を ただ読むのではなく、譜面が読めると いうこと♪


そこには その音を出すにあたって…

どんな音色がいいかな?

どんなタッチで 弾けばいい?

フレーズのまとまりは?


など、即座に いろいろ考えて 表現できるようになること。



小さい頃から… 導入の段階から、そういったことを 身につけていくことによって、音楽を表現できるようになります。


バスティンを使い続けて、

そして、学び続けて、より深さを感じられるようになってきています。


こうして セミナーに行くと、小さい導入生徒さんを たくさんレッスンしたい~♡と、より強く思います!!


ピアノが弾ける楽しさ、音楽と触れ合うことで、心も豊かに成長できる素晴らしさを 伝えたい!!!


こんな風に 改めて 思わせてくださった藤原亜津子先生には 感謝の気持ちでいっぱいです。



この時期、入会問い合わせも多く、おかげさまで ほぼ満席状態です。


ですが、早めの時間帯なら 若干名 受け入れできそうなので、

年齢の小さな生徒さん、お待ちしています(*^o^*)

音楽の楽しさ、ピアノの楽しさ…伝えていきたいです♪



セミナー終了後、記念撮影




朝早く行ったら、なんと!3番目!!
藤原先生が 一緒に写真を撮ってくださいました♡





今年も また ピティナ コンペティションが開幕しました!

恒例の 課題曲セミナーが いろいろな地区で開催されます。



私も さっそく 金曜日に、赤松林太郎先生のセミナーに 行ってきました。


ピアニストの先生によって、セミナーの内容は さまざま♪

なので、とても勉強になります。





この日は 2時間の予定が、なんとっ!!

1時間半も オーバーしての 熱血セミナー


赤松先生は 理論的に説明してくださることも多く、頭の中に 整理された状態で うまく吸収されていく感じ。


大きい曲の話を、もっともっと聞きたいなと 思ったので、また新たに別のセミナーにも行く予定をいれました。


楽しみ♡です(o^^o)





メロディーハート

Author:メロディーハート
大阪府守口市のピアノ教室です。
門真市 大東市 大阪市鶴見区からも通っていただいています。
ピアノが大好きで、子供も大好き。
音楽の楽しさと喜びを伝えていけるよう、楽しくわかりやすいレッスンを心がけています。
ピアノを通じて広がる、人と人とのつながりに感謝の日々です。
詳細は下記「カテゴリ」あんどうピアノ教室のご案内をご覧ください♪

講師 安東 佑由子

♪全日本ピアノ指導者協会(PTNA)会員
♪大阪千里バスティン研究会会員
♪PTC(ヤマハミュージック大阪)会員

体験レッスン受付中です
お問い合わせは、メールアドレスandopiano31@gmail.comへお願いします♪
なるべく早く返信させていただきます。